日本代表が2018年仕様ユニフォーム発表!『買い』の理由はこちら!

ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕が約3カ月後に迫っています。次々は、日本代表とガーナ代表、スイス代表の親善試合が行われる予定ですが、今日は、日本代表の2018年度の戦闘服を簡単に説明します。

日本代表のサプライヤーであるアディダス・ジャパン社は2017年11月上旬、2018FIFAワールドカップ・ロシアに臨む日本代表のホームユニフォームを発表しました。3月20日彼らのアウェイユニフォームを発表しました!

日本代表の新仕様のユニフォームは、歴代、そして近年のものに比べると…

かなり話題になりました。

これは日本代表に限らず明らかに近年の代表ユニフォームのトレンドですよ。

今日は2018年と歴代の日本代表のユニフォームの違いをお伝えします。日本代表 ユニフォームにご興味がある方は是非ご覧ください。

この記事を読めば、ロシア大会向けの2018 日本代表 ユニフォームの『買い』であることがわかるだと思います。

ロシア大会向けの2018 日本代表 ユニフォーム ホーム 半袖の写真イメージはこちら↓

アディダス・ジャパン社から発表された日本代表ユニフォームホーム半袖は見た目だけで、ディテールにこだわりのデザインだと思われるでしょう。

英紙「デイリー・ミラー」(The Daily Mirror)の20カ国のW杯仕様のホームユニフォームのデザイン ランキングによると、日本はホームユニフォームが強い(4位との評価)です。

歴代のユニフォームの中でも指折りの人気商品もいっぱいがありますが、この歴代の中でも指折りの新しいホームユニフォームは皆様はどう思いますか。

それでは早速日本代表2018ホームユニフォームをご覧いただきましょう!

こちらが日本代表の2018のホームユニフォームです!モデルは香川真司選手です。

歴代屈指と言われる最新ユニフォームは、日本サッカー協会(JFA)の新しいエンブレムが輝く前身頃に入れられた、独特の模様ですね。

日本代表2018 ユニフォームの「買い」の理由・・・

今回の新ユニフォームは、6大会連続で出場するワールドカップを戦うにあたって、勝利への魂で染め上げた『勝色』をベースカラーに採用しました。

この伝統的な『勝色』をホームユニフォームのベースカラーに採用することで、藍染というジャパンブルーの原点に立ち返り、来年のワールドカップでの勝利をイメージしています。

フロントには歴史を防ぐ糸をイメージした「刺し子柄」を採用しました。

改めて、2018 日本代表 ユニフォーム ホーム 半袖を見て見ましょう。

こちらの画像はユニフォームの襟の部分にクローズアップしたものです。

首元vネック部には、侍の着物の前合わせ部分をイメージした形状に、日の丸の赤を表現した「VICTORYRED(ビクトリーレッド)」カラーを採用。首元の内側には、過去5大会分のユニフォームの象徴的なデザインを組み合わせたロゴを配置しています。

2018 日本代表 ユニフォーム ホーム 半袖は2016モデルと違って、アディダスの象徴である「スリーストライプス」が肩へ移動しました。

そして、こちらが2016 日本代表 ユニフォーム ホーム 半袖です。

このユニフォームのコンセプトは『青の“調和”』。史上もっとも濃い青を用い、正面には11人の選手の個性を表す11本の異なる青で構成されたボーダー柄を配置。中央に配された赤のラインは12本目のライン。アディダスの象徴である「スリーストライプス」が脇に配置されました。

新発表した2018 日本代表 ユニフォーム アウェイ 半袖はこちら↓

アウェイはライトグレー調のベースカラーになっています。つまり、まだ何も藍染まっていない純粋無垢な状態の白をベースに置きながら、日本の象徴である「日の丸」の白赤というカラーコンセプトも踏まえ、その白をより近未来的に表現したものが、このライトグレー調のカラーコンセプトになっています。

左肩には斜めにグレイのブロックが入っており、そのなかはストライプ柄になっています。

赤のメーカーロゴは日本国旗とJFAのロゴの赤にマッチします。

日本代表2018 ユニフォームの「買い」の理由・・・

日本代表のホーム&アウェイのユニフォームの最大の魅力は胸の日本サッカー協会(JFA)の新しいエンブレムでしょう。

田嶋幸三会長は「これで協会を支えてくれる多くの方々と一体感を持てる。代表のエンブレムも素晴らしく、これを付けていい成績を上げていきたい」と話しました。

そして日本代表ユニフォームは現在、Worldcup Uniformウェブショップで購入することができます。

サイズはS/M/L/XL4サイズが用意されています。もちろん、子供用サッカーユニフォームのサイズも豊富ですよ。

しかも、Worldcup Uniformでは日本代表のユニフォームをたった¥3,550で購入することができます。

あなたも是非この機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか?

英紙「デイリー・ミラー」(The Daily Mirror)が格付けしたユニフォームランキング(32カ国中20カ国)は以下の通り。

  • 1位 ナイジェリア
  • 2位 コロンビア
  • 3位 ベルギー
  • 4位 日本
  • 5位 スペイン
  • 6位 ペルー
  • 7位 ドイツ
  • 8位 イングランド
  • 9位 ブラジル
  • 10位 クロアチア
  • 11位 エジプト
  • 12位 アルゼンチン
  • 13位 ウルグアイ
  • 14位 メキシコ
  • 15位 スウェーデン
  • 16位 スイス
  • 17位 ポルトガル
  • 18位 フランス
  • 19位 ロシア
  • 20位 モロッコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です